top of page
  • 執筆者の写真とこプリ

高級感と存在感で選ぶならやっぱりアクリル!アクリル商品をつくる3つの方法

更新日:4 日前

皆さん【アクリル】というものはご存知ですか?

アクリルとは樹脂でできた透明なプラスチックです。圧倒的透明感、その美しさから「プラスチックの女王」と呼ばれています。ガラスと比べて強度があるため、強度を必要とする場所などで活躍しています。


アクリルが何に使われているかというと、例えば「水族館の水槽」。アクリル樹脂で作られた「アクリルガラス」が主流として使用されています。

そして街中でよく見かける光る袖看板、これも表面は乳半というアクリルです!

また、建物に貼られている会社名のサインや、キャラクターグッズでよく見る「アクリルキーホルダー」「アクリルスタンド」「アクリルチャーム」「マドラー」など、様々なグッズにもアクリルで作られています。


とこプリでは「等身大アクリルスタンド」という、キャラクター1/1サイズの大きなアクリルスタンドが人気商品として多くご依頼いただいております。


そこで今回は、アクリルを使った商品をいくつかご紹介し、さらにアクリル商品を作る代表的な【3つの方法】をご紹介いたします。


◆アクリル商品紹介


◆アクリル商品をつくる3つの方法

1. アクリル板+ダイレクト印刷


透明なアクリル板の裏側からUV印刷をする方法です。この方法は、アクリル板に白インクとカラーインクで印刷し、細かい表現や半透明にしたい時はカラーインクだけで印刷することも可能です。

アクリルスタンドやアクリルキーホルダーなどキャラクターのグッズを作るときは主にこの方法で製作されます。とこプリで人気の等身大アクリルスタンドもこの方法で製作しています。


<等身大アクリルスタンドの価格>

サイズ

価格

900mm×900mm内

30,000円

900mm×1800mm内

58,000円


2. アクリル板+カッティングシート

アクリル板の表側からカッティングシートを貼りつける方法です。

よく企業やお店の入口にある看板などに使用される方法です。カッティングシートはシートに印刷するのではなく、色付きのシートを貼りたい文字や形に切り抜いてアクリル板に貼り付けます。色ごとにカッティングシートが必要になるため、会社名やロゴを1色で貼りたい時などにおすすめです。対候性・耐水性に優れているので、設置する環境にもよりますが通常5~7年、長ければ10年程持ちます。


<アクリル看板の価格>

デザインや文字の複雑さ等で価格が変動するため、お問い合わせください。


3. アクリル+高透明塩ビシート

アクリル板の表面から透明なシートに印刷したものを貼り付ける方法です。

色数が多い場合や、カッティングシートでは表現が難しい場合に用いる方法です。ダイレクト印刷の場合、屋外利用は向いていませんが、この方法であれば、UVカット機能付きのラミネートを施すため、屋外利用も可能です。


<アクリル看板の価格>

アクリル板の厚みや印刷を何層にするかによって価格が変動するため、お問い合わせください。


とこプリではアクリル商品の製作だけでなく、施工も可能です。アクリル看板の設置も可能ですので、アクリル商品の製作をお考えであればお気軽にお問い合わせください。



Comments


bottom of page